2022/3/19ー7/3

Solo Exhibition

SHIBAKAWA Toshiyuki Exhibition 41st Century Hiruzen Museum

-After the Museum on the Plateau, it was in the 21st century.

柴川敏之展|41世紀の蒜山博物館                   

-高原のミュージアムを後にすると、

 そこは21世紀だった。

Maniwa City Hiruzen Museum (Okayama, Japan)

|真庭市蒜山ミュージアム (岡山)

IMG_1234.jpeg

photo by SHIBAKAWA Toshiyuki

スクリーンショット 2022-03-12 22.56.21.png

Have you ever seen fossils and artifacts from the museum and wondered if you and your personal belongings would be excavated and exhibited in the museum in the distant future?
SHIBAKAWA Toshiyuki is an artist who works on the theme of "now", which has become such a long time ago.

By Mr. SHIBAKAWA, Maniwa City Hiruzen Museum will travel back in time 2000 years later.
There, modern life, IT equipment, and even museum exhibits are exhibited as excavated items, and at times you may discover the "modern" yourself.
The experience will be a unique opportunity to rethink the present world from a large perspective.

 

◎日時:2022年3月19日(土)—7月3日(日) 9:00~17:00 
◎会場:真庭市蒜山ミュージアム(岡山)

◎主催:真庭市

◎休館日:毎週水曜日休館 ※ただし、5月4日(祝)は開館  

◎入館料:300円(中学生以下無料)

 *真庭市郷土博物館の入館券の半券を提出いただいた方は100円引き

◎企画:三井知行(真庭市蒜山ミュージアム)
◎内容:みなさんは博物館の化石や出土品をみて、自分自身や身の回りのモノも、はるか未来には発掘され博館に展示されるのではないか、と思ったことはありませんか。
柴川敏之さんは、そんな大昔になった「今」をテーマに活動するアーティストです。
柴川さんの手により、真庭市蒜山ミュージアムは2000年後にタイムスリップします。
そこでは現代の暮らしもIT機器も、さらには博物館の展示品まで、同じく出土品として展示され、時にはみなさん自身が「現代」を発掘することになるかもしれません。
その体験は、現在の世界を大きな視点から捉えなおすまたとない機会となるでしょう。(text:チラシ)

公式HP本展公式HPチラシ
柴川敏之HP山陽新聞1山陽新聞2TBSRSKKSB1KSB2真庭いきいきテレビ1真庭いきいきテレビ2

​*本館設計の隈研吾氏の建築資料も併せて展示しています。​

​*「2000年後の発掘現場~キューピーを探せ!」のコーナーでは、探した数の正解者には記念品をお渡しします。​

同時開催:『41世紀の古墳ミュージアム 柴川敏之展』真庭市郷土博物館

IMG_0653-2.jpg
IMG_1241.jpeg
IMG_1302.jpeg
IMG_8521.jpeg
IMG_6593.heic
IMG_1321.jpeg
IMG_7753.jpeg
IMG_1383.jpeg
IMG_1329.heic
IMG_6405.jpeg
IMG_6464.jpeg
IMG_6457.jpeg
IMG_6468.heic
IMG_6544.heic
IMG_1455.jpeg
IMG_7762.jpeg
IMG_1235 2.jpeg
IMG_1209.jpeg
IMG_1218.jpeg
IMG_1088.jpeg
IMG_1144.jpeg
IMG_1206 2 2.jpeg

2022/3/21

Related|Artist Talk

柴川敏之|アーティストトーク

Maniwa City Hiruzen Museum|真庭市蒜山ミュージアム

◎日時:2022年3月21日(月・祝) 14:00~14:40 
◎会場:真庭市蒜山ミュージアム

IMG_7914 2.jpeg

2022/5/22

Related|Workshop

2000年後のまにわを発掘しよう!

Maniwa City Hiruzen Museum|真庭市蒜山ミュージアム

◎日時:2022年5月22日(日) 13:30~16:00
◎場所:真庭市蒜山ミュージアム
◎対象:満5歳(年長)から大人まで 
※小学校2年生以下は保護同伴
◎参加費:入館料のみで参加可 ◎定員:15名(要予約) 
◎申込先:当館ホームページ
をご確認になるか、お話にてお問合せください。
◎講師:柴川敏之(美術家)
◎内容:
インクのついたローラーを発掘に使うスコップに、ローラーで写し取った模様(=拓本)を発掘したモノに、それぞれ見立て、未来を発掘する気持ちを想像して楽しみましょう。

*完成作品は蒜山郷土博物館に展示。

公式HP

IMG_8126 2.jpeg

2022/5/23

Related|Workshop

2000年後の落合小学校を発掘しよう!

Hiruzen Local History Museum|真庭市郷土博物館

◎日時:2022年5月23日(月) 13:55~15:30 
◎場所:真庭市立落合小学校 体育館
◎対象:真庭市立落合小学校2年生 27名

◎講師:柴川敏之(美術家)
◎内容:インクのついたローラーを発掘に使うスコップに、ローラーで写し取った模様(=拓本)を発掘したモノに、それぞれ見立て、未来を発掘する気持ちを想像して楽しみましょう。

*完成作品は蒜山郷土博物館に展示。

公式HP

IMG_8321 2.jpeg

2022/5/27

Related|Workshop

2000年後のひるぜんを発掘しよう!

Hiruzen Local History Museum|真庭市郷土博物館

◎日時:2022年5月27日(金) 10:45〜12:00 
◎場所:蒜山郷土博物館 ロビースペース他
◎対象:真庭市立八束小学校6年生 20名 
◎講師:前原茂雄(蒜山郷土博物館&蒜山ミュージアム 館長)、柴川敏之(美術家)
◎内容:41世紀の古墳ミュージアムを鑑賞後、インクのついたローラーを発掘に使うスコップに、ローラーで写し取った模様(=拓本)を発掘したモノに、それぞれ見立て、未来を発掘する気持ちを想像して楽しみましょう。

*完成作品は蒜山郷土博物館に展示予定。

公式HP

IMG_8715 2.jpeg

2022/5/28

Related|Workshop

2000年後のひるぜんを発掘しよう!

Hiruzen Local History Museum|真庭市郷土博物館

◎日時:2022年5月28日(土) 9:00~12:00の随時(1回:約10分間) 
◎場所:蒜山郷土博物館 ロビースペース他
◎対象:幼児から大人まで
◎参加費:無料
(別途入館料必要) ※事前申込不要 

◎定員:なし 
◎講師:柴川敏之(美術家)
◎内容:インクのついたローラーを発掘に使うスコップに、ローラーで写し取った模様(=拓本)を発掘したモノに、それぞれ見立て、未来を発掘する気持ちを想像して楽しみましょう。

*完成作品は館内に展示。

公式HP