Photo by Mareo Suemasa

Time keeps passing. While I was reading this, time passed and I never came back. Everything happens in time and passes over time. There are many people who want to travel to the time that has passed and has not come yet. You don't actually travel through time. But there's still time that has passed and hasn't been experienced. You can travel through time through your work.
Some of the works were made long before he was born, and others were made based on events of the past. There are many times in the work itself, such as the life of the author and the time of creation. In this exhibition, we will find space time, history time, nature time, human time, time itself, production time, time after death, time left, and time a little later among various works.
For this year's Natsuyasumi, let's dive into the museum. Find out what time is, think about it, read the relationship between the work and time, and watch the work. (text: flyers)

 

◎日時:2018年7月7日(土)〜9月2日(日) 9:30〜17:00
◎会場:和歌山県立近代美術館(和歌山)
◎主催:和歌山県立近代美術館

◎キュレーション:奥村泰彦(和歌山県立近代美術館学芸員)

◎内容:時間はどんどん過ぎていきます。この文章を読んでいる間にも、時間は過ぎていってしまって、二度と戻ってきません。あらゆるできごとが時間の中で起こり、時間とともに過ぎ去ります。過ぎ去った時間へ、そしてまだ来ない時間への旅にあこがれる人は多いでしょう。実際には時間の中を旅することは実現していません。けれども作品の中には、過ぎ去った時間がとどめられ、まだ体験していない時間が描かれています。作品を通して時間の旅に出ることができるのです。
作品の中には自分が生まれるずっと以前に作られたものもありますし、さらに昔のできごとを形にした作品もあります。作品そのものの中にも、作家の生涯や作られた時間など、いろいろな時間が重なっています。この展覧会ではいろいろな作品の中に、宇宙の時間、歴史の時間、自然の時間、人間の時間、時間そのもの、制作の時間、死後の時間、遺る時間、ちょっと先の時間を見つけていきます。
今年のなつやすみは、美術館で時間の中に飛びこんでみましょう。時間のあり方を探し、時間について考え、作品と時間との関係を読み解きながら、作品を見ていきましょう。(text:チラシ)

◎出品作家(全42名):アンディー・ゴールズワージー、アントニー・クラーベ 、宇佐美圭司、加納光於、柴川敏之、白髪一雄、建畠覚造、中村不折、野村 仁、長谷川 潔、パラモデル、深沢幸雄、吹田文明、山本正道、李禹煥、ロジャー・アックリング、他

​​|公式HPチラシプレスリリース和歌山経済新聞美術館ニュース報告

2017/08/20ー9/2

Workshop Exhibition

PLANET RUINS|2000年後の和歌山水中遺跡

 

the Museum of Modern Art, Wakayama

和歌山県立近代美術館(和歌山)

◎日時:2018年7月7日(土)〜9月2日(日) 9:30〜17:00

◎会場:和歌山県立近代美術館(和歌山)

◎主催:和歌山県/一般財団法人和歌山県文化振興財団
◎内容:「タイムトラベル展」の関連ワークショップ「2000年後の和歌山を発掘しよう!」で、参加者が制作した青色の「2000年後の和歌山水中遺跡」。

2018/8/19

Related|Workshop

2000年後の和歌山を発掘しよう!

the Museum of Modern Art, Wakayama 

和歌山県立近代美術館

◎日時:2018年7月29日(日)→ 8月19日(日) 13:00~16:00  *台風12号のため延期
◎場所:和歌山県立近代美術館
◎対象:小学生以上(低学年の方は保護者同伴)  

◎参加費:無料 *要予約  
◎定員:20人 *見学可

◎申し込み:7月9日(月)午後2時から和歌山県民文化会館『アート・ワークショップ』係 
◎講師:柴川敏之(美術家、就実短期大学教授)

◎主催:和歌山県・一般財団法人 和歌山県文化振興財団
◎企画・運営協力:特定非営利活動法人和歌山芸術文化支援協会
◎内容:2000年後の和歌山はどうなっているでしょう?
4018年にタイムトラベル、未来人になって2018年の和歌山を「発掘」します。

​​|公式HPチラシpdfプレスリリース報告pdf

PLANET STUDIO 41

© COPYRIGHT ©  PLANET STUDIO 41. ALL RIGHTS RESERVED.