今回作った「2000年後の化石ランプ」は、夜にお部屋を暗くしてご鑑賞ください。

折りたたみ式ランプなので、組み立て方はお子さんにお聞きください(この動画でも作り方が出てきます)。

柴川敏之が手掛けた「大原美術館の80歳をお祝いしよう! プロジェクト」では、このランプを、7,000個作り、龍の形に並べました。この​動画(約6分)は、今回の作品づくりのプロセスやプロジェクトの様子を紹介しています。

ご家庭で、子どもさんとぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=0m8goxDLcLU

 

​動画では火を使ったロウソクを使っていますが、今回は電池式のロウソクを使用します。

*​ランプの作り方は、プラカップの中に電池式のロウソクをつけて入れ、カラー拓本の中にA4コピー用紙を入れたものを​被せます。

展開例②:夏休みの宿題などでご活用ください。
 

今日作ったもう一枚のカラー拓本(A4サイズ)を素材にして、うちわや飾りなど、様々な作品が作れます。化石ランプもそのひとつ。

親子でアイデアを出し合って、いろんな作品に変身させてください!

​このサイトにいろんな展開例を紹介していますので、ご覧ください。

https://bit.ly/3vTmHff

スクリーンショット 2022-08-09 1.29.49.jpg

柴川敏之は、2000年後(41世紀)に発掘されたパソコンやスマホ、キューピー人形などの化石を制作しています。これまでの作品やワークショップの様子などを紹介しています。

https://www.toshiyuki-shibakawa.com

現在開催中(及び予定)の展覧会紹介:

​機会がありましたら、ぜひお立ち寄りください。

41世紀の古墳ミュージアム 柴川敏之展真庭市郷土博物館(開催中〜12/4まで)

美作三湯芸術温度2022湯郷温泉  和モダンなお宿 かつらぎ(8/27~12/4)

丹波篠山・まちなみアートフェスティバル 2022丹波古陶館(9/17~25)

スクリーンショット 2022-08-09 20.02.53.png