2010/1/8

 

Workshop 

2000年後の化石をつくろう!

広島大学附属中学校(広島)

photo by SHIBAKAWA Toshiyuki

◎日時:2010年1月8日(金)  10:40〜14:10
◎会場:広島大学附属中学校(広島)

◎主催:広島大学附属中学校 
◎講師:柴川敏之 (美術家・福山市立女子短期大学准教授)

*芸術家派遣研究授業


◎内容:「2000年後」をテーマとする作品の紹介とワークショップの実践を行う。
ステップ 1 「柴川作品の鑑賞」 2000年後に発掘された身近なもの化石を紹介する。
ステップ 2 「型取り」身近なものをカルモ(軽量ねんど)に押し付けて雌型を作る。
ステップ 3 「石膏流し」紙コップの水の中に石膏、砂、絵の具を入れてかき混ぜ、ソフトクリーム状になったら、一気に雌型の中に流し込む。
ステップ 4 「型はずし」ふちからゆっくりとはずしていく。
ステップ 5 「削り」ふちのバリを削り落とす。次に物の形を欠けさせたり、表面に傷をつける。
ステップ 6 「着色」茶系の絵の具を塗り、乾いたら帆布でぬぐう。
※柴川作品はこれとは全く異なる方法で制作しています。(text:チラシ)

PLANET STUDIO 41

© COPYRIGHT ©  PLANET STUDIO 41. ALL RIGHTS RESERVED.