2000/3/18ー5/7

Group Exhibition

The Land of Dragon : Onomichi

The Symbol and Forms

 

 

龍の國・尾道 〜その象徴と造形

Onomichi City Museum (Hiroshima, Japan)

尾道市立美術館 (広島)

This exhibition commemorates the 20 year anniversary of the opening of the museum, which exhibits works created with the concept of dragon and dragon among Oriental arts, covering various genres such as cultural properties, flat works, three-dimensional works, and computer graphics. It is also an attempt to find out why Onomichi is a 'Dragon Country' in the structure of this exhibition.

 

◎日時:2000年3月18日(土)ー5月7日(日)   10:00ー17:00
◎場所:尾道市立美術館(広島)

◎主催:尾道市立美術館
◎休館日:月曜日
◎入観料:一般800円、大高生500円、中小生300円

◎内容:開館20周年記念展である本展は、文化財、平面作品、立体作品、コンピュータグラフィック等の各ジャンルにわたり、幅広く東洋美術の中の龍および龍的な概念で制作された作品を展示いたします。また、なぜ尾道が『龍の國』なのかを本展の構成でひもとこうとする試みでもあります。

◎出品作家(全33名):海北友松、梶川泰司、葛飾北斎、狩野探幽、狩野芳崖、川端龍子、小林和作、柴川敏之、雪舟、曽我蕭白、出口王仁三郎、能勢伊勢雄、元永定正、他 

artscape

photo by KARASUDA DAaishi

PLANET STUDIO 41

© COPYRIGHT ©  PLANET STUDIO 41. ALL RIGHTS RESERVED.