2014/11/5ー2015/2/8

Group Exhibition

The Present of Art : OKAYAMA 2014

Shape of Time

 

アートの今・岡山2014

時のカタチ

Tenjinyama Cultural plaza of Okayama Prefecture, Nagi Museum Of Contemporary Art(Okayama, Japan)

 

岡山県天神山文化プラザ高梁市歴史美術館

奈義町現代美術館(岡山)

photo by SHIBAKAWA Toshiyuki

"Okayama, where art is now" is a planned exhibition introducing modern art in Okayama. In this 10th commemorative exhibition, we will introduce the works of 10 artists related to Okayama Prefecture with the theme "Time.". the movement of the sun and stars that changes with the seasons. a bodily change resulting from the phases of the moon. A life that is born, grows, and ages. It is said that since ancient times, people perceive various changes as time. On the other hand, it seems that the first shape given to time was "Clock" such as a sundial or a clock. In addition, the appearance of characters made it possible to record time.
We, living in modern society, manage these things freely. Civilization was built on this measured "Time". It's time for the universe to keep moving in the same rhythm since its birth. But how you feel about the process will vary from time to time, place to place, and person to person. The exhibition will feature "shape of time" by 10 people. I hope that by meeting the various "times" that the writers have captured, you will be able to leave the measured and recorded time and think about the various "times" that exist within you. In addition, this exhibition will be held at Tenjinyama Culture Plaza, and then at Takahashi City Museum of History and Nagi Museum of Contemporary Art. (text: flyers)
SHIBAKAWA Toshiyuki exhibits two new works and three university oil paintings.

 

岡山県天神山文化プラザ(岡山):  2014年11月5日(水)ー11月16日(日)   9:00ー18:00 
高梁市歴史美術館(岡山):  2014年11月22日(土)ー12月23日(火)   9:00ー17:00 
奈義町現代美術館(岡山):  2015年1月10日(土)ー2月8日(日)   9:30ー17:00 
◎主催:「アートの今・岡山」展実行委員、岡山県天神山文化プラザ、高梁市歴史美術館、奈義町現代美術館
◎助成:公益財団法人福武教育文化振興財団、公益財団法人日本教育公務員弘済会

◎観覧料:無料

◎内容:「アートの今・岡山」は、岡山における現代美術の「今」を紹介する企画展です。記念すべき開催10回目となる今回は、「時」をテーマとして岡山県ゆかりの10名の作品をご紹介します。季節によって変化する太陽や星々の動き。月の満ち欠けによる身体の変化。生まれ、成長し、老いてゆく命。古来より人は、様々な変化を「時」として感覚的に捉えていたと言われます。一方で、「時」に与えられた最初のかたちは日時計や漏刻といった「時計」であったと思われます。さらに文字の出現は「時」の記録を可能にしました。
現代社会を生きる私たちは、これらを自在に管理して生活しています。文明は、この計測された「時」すなはち「時間」を利用して築かれました。宇宙が誕生して以来、変わらぬリズムで進み続ける時。しかし、その経過をどのように感じるかは、時代や場所、人によっても異なるでしょう。本展では、10人の「時のかたち」を展示します。作家たちが捉えた様々な「時」と出会うことで、計測され記録された時間から離れ、自身の中に在る多様な「時」に思いを馳せていただければ幸いです。なお、本展は天神山文化プラザを皮切りに、高梁市歴史美術館と奈義町現代美術館の2館を巡回いたします。(text:チラシ)
柴川は、新作2点と大学時代の油彩画3点を展示。

PLANET STUDIO 41

© COPYRIGHT ©  PLANET STUDIO 41. ALL RIGHTS RESERVED.