2022/11/19ー20

Solo Exhibition

Artistic Work Talk vol.8

Art x Home, Imagine 2000 years from now

アートな仕事ークvol.8

アート×家庭、2000年後を想像する                   

Kanazawa Citizen's Art Village (Kanazawa, Japan)

|金沢市民芸術村 (金沢)

IMG_1234.jpeg

photo by SHIBAKAWA Toshiyuki

スクリーンショット 2022-03-12 22.56.21.png

Have you ever seen fossils and artifacts from the museum and wondered if you and your personal belongings would be excavated and exhibited in the museum in the distant future?
SHIBAKAWA Toshiyuki is an artist who works on the theme of "now", which has become such a long time ago.

By Mr. SHIBAKAWA, Maniwa City Hiruzen Museum will travel back in time 2000 years later.
There, modern life, IT equipment, and even museum exhibits are exhibited as excavated items, and at times you may discover the "modern" yourself.
The experience will be a unique opportunity to rethink the present world from a large perspective.

 

◎日時:2022年3月19日(土)—7月3日(日) 9:00~17:00 
◎会場:真庭市蒜山ミュージアム(岡山)

◎主催:真庭市

◎休館日:毎週水曜日休館 ※ただし、5月4日(祝)は開館  

◎入館料:300円(中学生以下無料)

 *真庭市郷土博物館の入館券の半券を提出いただいた方は100円引き

◎企画:三井知行(真庭市蒜山ミュージアム)
◎内容:2000年後の世界から現代社会を見つめる作品発表をする柴川敏之氏(現代美術家)が、初めて自身の家庭をテーマに展示した『ぼくのおくさん☆柴川敏之展|PLANET HOME』(つなぎ美術館、2018年、キュレーター:楠本智郎・ゲストキュレーター:柴川弘子)が、大きな話題となりました。会場内に展示された出土品のような作品群(干された靴下や車椅子など)を通して、家庭内で起きている事件が赤裸々に語られており、それらのごく個人的な問題は、どこか(まるで?)我が家の出来事のようにも見え、多くの共感を呼びました。このように家庭内での個人的な問題に着目し、あえて芸術として表現するという挑戦の先には、現代社会の課題を浮き彫りし、皆で解決を考えていける可能性があるのかもしれません。柴川氏と妻でESD(持続可能な開発のための教育)研究者の柴川弘子氏をお迎えし、子育てや介護など家庭の問題をポジティブに捉え、社会全体の未来について一緒に考えます。(text:チラシ)
公式HP

同時開催:『41世紀の古墳ミュージアム 柴川敏之展』真庭市郷土博物館

315516505_833486734521636_7251369127449362267_n 2.jpg
IMG_1241.jpeg
IMG_1302.jpeg
IMG_8521.jpeg
IMG_6593.heic
IMG_1321.jpeg
IMG_7753.jpeg
IMG_1383.jpeg
IMG_1329.heic
IMG_6405.jpeg
IMG_6464.jpeg
IMG_6457.jpeg
IMG_6468.heic
IMG_6544.heic
IMG_1455.jpeg
IMG_7762.jpeg
IMG_1235 2.jpeg
IMG_1209.jpeg
IMG_1218.jpeg
IMG_1088.jpeg
IMG_1144.jpeg
IMG_1206 2 2.jpeg

2022/3/21

Related|Artist Talk

柴川敏之|アーティストトーク

Maniwa City Hiruzen Museum|真庭市蒜山ミュージアム

◎日時:2022年3月21日(月・祝) 14:00~14:40 
◎会場:真庭市蒜山ミュージアム

IMG_7914 2.jpeg

2022/5/22

Related|Workshop

2000年後のまにわを発掘しよう!

Maniwa City Hiruzen Museum|真庭市蒜山ミュージアム

◎日時:2022年5月22日(日) 13:30~16:00
◎場所:真庭市蒜山ミュージアム
◎対象:満5歳(年長)から大人まで 
※小学校2年生以下は保護同伴
◎参加費:入館料のみで参加可 ◎定員:15名(要予約) 
◎申込先:当館ホームページ
をご確認になるか、お話にてお問合せください。
◎講師:柴川敏之(美術家)
◎内容:
インクのついたローラーを発掘に使うスコップに、ローラーで写し取った模様(=拓本)を発掘したモノに、それぞれ見立て、未来を発掘する気持ちを想像して楽しみましょう。

*完成作品は蒜山郷土博物館に展示。

公式HP

IMG_8126 2.jpeg

2022/5/23

Related|Workshop

2000年後の落合小学校を発掘しよう!

Hiruzen Local History Museum|真庭市郷土博物館

◎日時:2022年5月23日(月) 13:55~15:30 
◎場所:真庭市立落合小学校 体育館
◎対象:真庭市立落合小学校2年生 27名

◎講師:柴川敏之(美術家)
◎内容:インクのついたローラーを発掘に使うスコップに、ローラーで写し取った模様(=拓本)を発掘したモノに、それぞれ見立て、未来を発掘する気持ちを想像して楽しみましょう。

*完成作品は蒜山郷土博物館に展示。

公式HP

IMG_8321 2.jpeg

2022/5/27

Related|Workshop

2000年後のひるぜんを発掘しよう!

Hiruzen Local History Museum|真庭市郷土博物館

◎日時:2022年5月27日(金) 10:45〜12:00 
◎場所:蒜山郷土博物館 ロビースペース他
◎対象:真庭市立八束小学校6年生 20名 
◎講師:前原茂雄(蒜山郷土博物館&蒜山ミュージアム 館長)、柴川敏之(美術家)
◎内容:41世紀の古墳ミュージアムを鑑賞後、インクのついたローラーを発掘に使うスコップに、ローラーで写し取った模様(=拓本)を発掘したモノに、それぞれ見立て、未来を発掘する気持ちを想像して楽しみましょう。

*完成作品は蒜山郷土博物館に展示予定。

公式HP

IMG_8715 2.jpeg

2022/5/28

Related|Workshop

2000年後のひるぜんを発掘しよう!

Hiruzen Local History Museum|真庭市郷土博物館

◎日時:2022年5月28日(土) 9:00~12:00の随時(1回:約10分間) 
◎場所:蒜山郷土博物館 ロビースペース他
◎対象:幼児から大人まで
◎参加費:無料
(別途入館料必要) ※事前申込不要 

◎定員:なし 
◎講師:柴川敏之(美術家)
◎内容:インクのついたローラーを発掘に使うスコップに、ローラーで写し取った模様(=拓本)を発掘したモノに、それぞれ見立て、未来を発掘する気持ちを想像して楽しみましょう。

*完成作品は館内に展示。

公式HP